Contents

PR

  • 不動産看板・不動産のぼりの専門店
  • 大広サインズは不動産看板・不動産のぼりを専門とする制作会社です

  • 住宅・建築用ステンドグラスの専門店
  • 大阪の住宅・建築ステンドグラス専門店といえば戸夢窓屋(トムソーヤ)

    MP4

    MP4は、MPEG-4で規定されているコンテナフォーマットです。したがって、MPEG-4の一部ですが、MPEG-4とイコールではないので注意が必要です。
    MPEG-1、MPEG-2と異なり、MPEG-4はその規定範囲が広いために、複数の符号化形式が規定されています。そのため、それらを格納するためのコンテナ形式が規定されているのです。
    MP4は、AppleのQuickTimeフォーマットをベースに開発されており、Apple社製品ではよく利用されていて、相性が良いようです。

    MP4コンテナには、音声符号化形式(コーデック)として、主にAACが使用され、他にもMP3など多くの符号化形式を格納することができます。また、音声コーデックのみを格納することもできます。
    コーデックには、MPEG-4コーデック、 H.264(エイチ ニーロクヨン)などが主に使用されますが、音声同様に多くの符号化形式を格納することができます。したがって、どのような符号化形式が格納されているかは内部を解析してみないとわかりません。

    AVI

    AVIは「Audio Video Interleave」の略で、AppleのQuickTime(MOV)に対抗するために開発されたWindows標準の動画コンテナフォーマットです。拡張子は「.avi」となります。
    複数のコーデックで符号化された形式に対応しており、そのため、再生には圧縮に使用されているコーデックを用意する必要があります。しかし、ファイルの拡張子ではコーデックを判断することができません。コーデックによる再生トラブルが多い形式です。
    AVIは比較的古い形式であり、ファイルの内容が不完全な状態(例えば、ダウンロードが完了していないファイルなど)では再生ができないため、修復を行わなければならず、ストリーミング配信には向いていません。また、AVI1.0では、最大2GBまでのサイズ制限があります。

    AVIコンテナは、多くの符号化形式に対応しており(無圧縮形式を格納することも可能)、使われるコーデックは多数ありますが、主に音声コーデックでは、MP3やAAC、動画コーデックでは、DivX(デイビックス)、Xvid(エックスビッド)、MPEG-4、 H.264などが使われています。