Contents

PR

非可逆圧縮

動画も画像や音声と同様に、「非可逆圧縮」と「可逆圧縮」に分類することができますが、動画の場合、膨大なデータ量になるので圧縮が必須であり、「非圧縮」は当然として「可逆圧縮」も現実的ではありません。
そのため、ほとんどすべての動画フォーマットは「非可逆圧縮」となります。非可逆圧縮の基本的な仕組みは、映像の中で変化の少ない部分の情報を減らすこと、また連続する映像の前後で、動きのある部分だけを記録することによってファイルサイズを縮小するというものです。
また、非可逆か可逆かというのはファイルフォーマットで決まるのではなく、コーデックによって決まります。ファイルフォーマットはコーデックで圧縮した符号化データの入れ物にすぎません。

MOV

Appleのマルチメディア技術であるQuickTime(クイックタイム)によって作成された符号化形式を格納するコンテナフォーマットで、拡張子は「.mov」になります。
QuickTimeと言えば、ファイルを再生する「QuickTime Player」を指すことが一般的ですが、iTunes(アイチューンズ)の音楽ファイルの再生や管理に使われたり、こうしたアプリケーションソフトやマルチメディアに使われている技術の総称になります。
前述のとおり、MOVはMP4のベースとなっており、MPEG-4もQuickTimeをベースとしています。したがって、MPEG-4規格の符号化形式を格納することもできます。主に音声コーデックでは、MP3やAAC、動画コーデックでは、MPEG-4、 H.264などが使われています。

ASF

ASFは「Advanced Systems Format」の略で、Microsoft社が開発したAVIの後継にあたるコンテナフォーマットです。
AVIとは異なり、ストリーミングに対応しており、プレーヤーソフトとして「Windows Media Player」が提供されています。ASFには、MP4やVOBと同様に音声や動画の符号化形式の他に、字幕やメタデータなども格納することができます。
多くのコーデックに対応しており、音声コーデックでは、WMA(Windows Media Audio)やMP3、動画コーデックでは、MS-MPEG4、WMV(Windows Media Video)コーデック、DivXなどが使われています。