Contents

PR

.flv

youtubeやニコニコ動画などの動画共有サイトで閲覧できる動画ファイルの拡張子。ビデオコーデックは3種類あり、低画質のH.263のFLVファイル(FLV1)、高画質のOn2VP6のFLVファイル(FLV4)とH.264(FLV5)があります。
音声コーデックは主にMP3が収められているが、AAC(M4A)が収められている場合もあります。
アメリカの動画共有サイトのVeohからダウンロードできる動画は.FLLという拡張子がついていますが、独自のファイル形式であるわけではなく、FLV形式のファイルに独自の拡張子.FLLが付いているものであり、拡張子を.FLVに変更すればGOM PLAYERに関連付けをしてダブルクリックで再生が可能になります。

.swf

FLVファイルとは仕様の異なる動画ファイル。主にインターネット上の動くバナー広告で使われているフォーマット。(Yahoo! Japanのトップページの右上の広告など)
GOM PLAYERは再生対応していますが、他の動画と異なり内蔵のコーデック、フィルタで再生しなたいために音量調節、早送りなどの再生操作をおこなえません。また、ビデオキャプチャー機能や、色調補正機能も使用することができません。

MPEG-1/2

MPEG-2は主にDVDで採用されているフォーマット。他のフォーマットと比較すると旧型のフォーマットであり、ファイルサイズが大きいため、インターネットを通じた配信などに向いていません。
MPEG-1は現在は普及していないVIDEO-CDで採用されていたフォーマット。VIDEO-CDの中のデータは拡張子が.dat。
ビデオキャプチャーソフトが、このフォーマットのメーカー独自拡張子を採用していることがあります。

しかし、再生したい機器で再生対応している動画ファイルに変換して、それをMP3プレイヤーなどに保存することができればその動画は再生することができます。
このような用途にあわせて動画ファイルを変換する作業のことを「エンコード」、「コンバート」と呼び、それができるソフトウェアのことをエンコーダーやコンバーターと呼びます。
エンコーダーは目や耳で確認できる映像・音声を異なる形式に変換することができ、画面のサイズや映像の品質なども変換してMP3プレイヤーなどが対応している動画の形式に変換してくれます。
この動画の変換をおこなうことで、パソコン上で再生していた動画ファイルをMP3プレイヤーなどの機器で楽しむことが可能になります。