Contents

PR

コーデックの入手

現在ではインターネットの普及により、インターネットを利用してほとんどのコーデックを無料でダウンロード、インストールすることができます。
しかし、開発元は海外の会社や団体であることが多く、配布サイトやインストールプログラムは殆どが英語表記です。
また、再生できない動画ファイルがあった場合、どのような圧縮形式の動画ファイルであり、どのようコーデックが必要であるか、という情報は「動画解析ソフト」を使わなければ判別することができません。そのため、コーデックの入手はとても複雑で難解な操作となってしまっています。

しかし、GOM PLAYERはこのように本来入手が難解なコーデックをGOM PLAYER自体が内蔵しています。GOM PLAYERをパソコンにインストールすることでGOM PLAYERと一緒にコーデックがパソコンにインストールされ再生できます。
実際にはGOM PLAYERをパソコンにインストールすると、様々なコーデックが一緒にインストールされるわけではなく、様々な圧縮形式に対応したGOMオリジナルのコーデックがパソコンにインストールされます。マスターキーのようなもので、現在普及しているほとんどの圧縮形式の映像データ・音声データを再生することができます。
このコーデックの内蔵システムにより、コーデックの知識がなくともGOM PLAYERだけがあれば動画を再生できる、という理由が現在多くのユーザーにGOM PLAYERが利用されている最大要因になります。

エンコード

動画ファイルはひとことで「動画」と言っても様々な形式・形態があります。パソコンはGOM PLAYERのような再生ソフトを使うことで、その様々な動画ファイルのほとんどを再生することができますが、MP3プレイヤーやゲーム機器の場合には限られた形式の動画ファイルのみ再生対応しています。
そのため、パソコン上の動画ファイルをデータとしてそのままMP3プレイヤーやゲーム機器に入れることはできても、再生できる動画ファイルとしては認識されずに再生できないことが多いです。

しかし、再生したい機器で再生対応している動画ファイルに変換して、それをMP3プレイヤーなどに保存することができればその動画は再生することができます。
このような用途にあわせて動画ファイルを変換する作業のことを「エンコード」、「コンバート」と呼び、それができるソフトウェアのことをエンコーダーやコンバーターと呼びます。
エンコーダーは目や耳で確認できる映像・音声を異なる形式に変換することができ、画面のサイズや映像の品質なども変換してMP3プレイヤーなどが対応している動画の形式に変換してくれます。
この動画の変換をおこなうことで、パソコン上で再生していた動画ファイルをMP3プレイヤーなどの機器で楽しむことが可能になります。