Contents

PR

  • ナイトスタイル大阪
  • 大阪で、ナイトスタイルに生活する方のお助けサイト

  • 職人スタイル大阪
  • 職人スタイルで、大阪で仕事を探そう

    Ogg

    Oggは、ライセンスフリーのコンテナフォーマットで、最も代表的な内容物は、音声コーデックのVorbisで符号化した形式で、それを格納したOggは「Ogg Vorbis」と呼ばれています。
    動画コーデックは、「Theora(セオラ)」が標準で使われており、音声コーデックはVorbisの他に、MP3やAAC、可逆音声のFLACなどの符号化データも格納することができます。他にも、テキストデータや音声コーデックのみを格納することもできます。

    動画の場合、AVIとは異なり、ファイルの内容が不完全な状態(例えば、ダウンロードが完了していないファイルなど)でも、その箇所まで再生することが可能です。
    共通の拡張子は「.ogg」ですが、MP4と同様に、これでは音声ファイルなのか動画ファイルなのか区別がつかないため、音声ファイル「.oga」、動画ファイル「.ogv」とすることが多いです。
    共通の拡張子は当初「.ogg」とされていましたが、「.ogx」に変更されています。ただし、非推奨ですが「.ogg」は互換性のために残されています。

    Matroska

    Oggの後継フォーマットで、Oggよりも高品質で、さらに格納できる符号化形式を拡張したライセンスフリーのコンテナフォーマットです。
    ロシアの入れ子式人形マトリョーシカにちなんで名付けられた形式で、その名のとおり、多種多様の動画、音声ファイル、さらに複数の字幕を格納することができます。
    AVIにはないチャプター機能や字幕の切り替え、英語音声と日本語音声を格納し、再生時に選択できるなど、DVDビデオのような機能を有しています。
    また、Matroskaの字幕はUnicodeベースであるため、Matroskaに格納した字幕は世界中で正しく再生できるという特徴があります。
    拡張子は、動画ファイルが「.mkv」、音声のみが「.mka」、字幕のみが「.mks」となります。
    この他にも、「Real Media」や「Flash Video」などのフォーマット(コンテナ)がありますが、これらが一般的な非可逆圧縮のファイルフォーマットになります。MPEG(1と2)やReal Mediaは特殊ですが、他はいずれも複数のコーデックに対応しています。